新作


2022.5.13

M209「スキッパーギャザードレス」

全国の手芸店で新作2型発売されました。

衿のあるスキッパータイプのプルオーバードレス。
衿は開けても、ホック仕様なので留める事も出来ますので、着る方が自由に選んで着こなせます。
フレンチスリーブが他のディティールを邪魔せず、すっきりとしています。
ハイウエスト位置で切り替えがあり、身頃とスカートに交互にギャザーが入っているのが大きな特徴です。
交互にギャザーという仕様は、今まで見た事が無かったですし自分でもやったことが無かったのですが、試作段階でとてもきれいで気にってしまい今回初めてやる事にしました。
身頃にはネックラインからウエストにギャザーが縦に入り、立体感と身頃にゆとりが出ています。
ウエスト切り替え部分もフィットして見えますが、プルオーバーで着れるだけのゆとりがあります。
スカートには脇周辺にギャザーが入ります。
スカートのシルエットはストレートに近いですが、裾幅が広いですので細身のシャープな感じではありません。ストレートラインでも、ギャザーからのドレープも入るので柔らかいシルエットです。
このようなバランスにしたのは、甘過ぎないシルエットにしたかったからです。シルエットの説明が難しいのですが、パタンナー目線で新しいシルエットのドレスに仕上がったと満足できるパターンになりました。作り上げた時の喜びを皆さまと共有出来たら幸いです。

深めのグリーンの素材は麻の平織りです。中厚くらいでしっかりめで適度なハリがあります。
中厚くらいの素材なのでシルエットがしっかりと出る仕上がりとなりました。
少し地味な色でもギャザーやシルエットなどでドレスとしての完成度を上げてくれるデザインかなと思いました。
素材を選ぶときにいろいろ想像を繰り返しますが、このデザインはベーシックな素材から少し地味な素材まで合いやすいと思いました。

ネットのカタログのみ掲載しております黒の素材は麻の天日干しです。
とても気に入っている素材で、日暮里の安田商店さんでいままでどれくらい買ったか分かりません(これからも)。
少し透け感があり、軽く、表面のシワが身体を涼しくしてくれるので夏には最強の素材です。着心地の良さも大切だと実感させてくれる素材です。

詳細は「catalog」のページの「Sun Planning」のページをご覧下さい。