ABOUT


Mパターン研究所は洋服の型紙(パターン)を販売しています。

Mパターン研究所のパターンは、立体裁断でジャストショルダー、タイトシルエット。テクニックを使わなくても立体的な洋服が作れる様にしてあります。シルエットが立体的でタイトに見えても着やすい。リラックスして着られる様に、服の中の動きを 考えて作っています。例えばジャケ ットや ブルゾンの袖なども腕が上りやすい様に、袖山低めだが袖巾はタイトで、前に振ってある形になっ ています。ハンガーに吊るすと分かりますが、彫刻の様に立体的な服が作れます。Mパターン研究所のパタンナーは、プロダクト(製品)パターンだけでなく、コレクションラインのパターンの経験も持っております。 また、パターンには、きれいに作れるポイントだけを押えて、できるだけ簡単に作れる方法をまとめたオリジナルの説明書が付いています。メール、FAX、TEL にて、質問に対しても納得いくまでサポートしています。

パターンは、「ネット販売パターン」と「手芸店販売パターン」。

ネット販売のパターンは、実物大の縫い代付きCADパターン、既にカット済み。サイズは既製服では着る事が出来ない15サイズから選ぶ事が出来ます。サイズピッチは1.5cmまで細かく、ジャストのサイズを選べる様になっています。「catalog」のページをご覧下さい。 手芸店販売のパターンは、紙に全サイズが印刷されたもので、お客様がカットして使用する実物大の縫い代付きパターン。サイズは4~5サイズ展開。こちらはネットでは販売しておりません。「catalog」ページの中の「Sun Planning」ページの商品が、手芸店で販売しております商品です。全国約700店の手芸店でお買い求め頂けます。

Mパターン研究所では、全て自分たちの手で行っています。

Mパターン研究所のパターン制作には、
「デザイン」→「トワル作成(試作用プロトサンプル)」→「プロトパターン作成」→「サンプル縫製」→「説明書作成」→「試着」→「サンプル・説明書チェック」→「修正パターン作成」→「修正サンプル縫製」→「試着」→「サンプル・説明書チェック」→「説明書修正」→「グレーディング(サイズ展開)」 →「最終説明書チェック」→「説明書最終修正」→「パターン最終修正」 基本的に以上の工程をかけています。しかしながら細かい微修正は、話し合いの上毎日行っています。Mパターン研究所は、それらを一貫して全て自分たちの手で行っています。 工程の一部を別の人や会社にお願いすればパターンを大量生産出来ますが、微妙なズレが生じ、つじつまが合わないことになってしまいます。可能な限りたくさんの時間と手を加えて、納得のいくものだけを商品として販売しています。販売できるパターン数は多くなく高価に思われるかも知れませんが、そういう仕事をしたいと思っています。

Mパターン研究所では、以下のサービスも承っております。
詳しくは、「size」のページをご覧下さい。

パターンの修正

Mパターン研究所がネットで販売しているパターン(15サイズ)のサイズでも合わない場合、修正もお受けしています。メールでお受けしております。実際の寸法から考えて、立体的にうつくしく見える様に調整します。

オーダーメイドパターン

お客様ご希望のデザインのオリジナルパターンを制作致します。トワルチェックで正確にうつくしく仕上げます。パターンの完全フルオーダーメイド制作です。

オートクチュール

お客様のご希望のデザインのオリジナルパターンを制作し、ご希望の生地で洋服をお仕立て致します。デザイン~お仕立てまで完全フルオーダーメイドの洋服制作です。

service