月間パターンランキング


2020.9.11
新しい日常

1.B2002セミパフスリーブブラウス
2.O2001フレアーフラットカラーシャツドレス
3.B1610 2スリーブ3カラーシャツ
4.J1403ショールカラージャケット
5.B1705スタンドオフカラーシャツ
 O1904フラットカラーシャツドレス
 B1906オープンカラーシャツ
8.J1711オーバーチェスターコート
 J1510チェスターコート
 B1406ドルマンシャツドレス
 S1407フレアースカート
 O1504ウエスト切り替えドレス/ショップコート
 

今月は「B2002セミパフスリーブブラウス」「O2001フレアーフラットカラーシャツドレス」に集中しました。それ以外の品番は全体にばらけました。

確認していませんが、「J1403ショールカラージャケット」は恐らく京都の大学生のご注文かと思います。以前から京都の大学とは授業のパターン提供などで関わってきましたが、今回の注文は課題か何かなのでしょうか。大学の先生からは連絡を頂いておりませんが、「京都〇〇大の学生です」というコメントを何名か記載されていましたので分かりました。課題などに対する個人的な注文だと思いました。
洋服に関わる勉強をされている機関へのご協力はさせて頂きたいと常々思っておりますので、どちらの機関でも、もし何かご提案がありましたら遠慮なさらずにご連絡頂ければと思います。この場を借りましてお伝えしておきます。

朝晩は少し涼しくなり秋の気配を感じます。直近ではシャツタイプの、来月以降ではコートなどの羽織ものの季節です。

ニューヨーク在住の女優の桃井かおりさんがラジオで、コロナ禍では今まで買っていたものが買えなくなり、時間もある事から自分で作るようになったと話されていました。何でも寿司も握れるようになったとか。びっくりです。
新しい日常では、出来る事は自分でやってみる事になるのかと思います。海外の知人は、家の修理は自分たちの日曜大工でやってしまう事が多く、外食よりもホームパーティで楽しむ人が多いです。日本人は忙しすぎるのでとかくお金で解決しがちですが、日常の身の回りの事はやってみる機会かもしれません。

洋服作る人も増えて欲しいです。